スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひざ関節痛の変形性膝関節症とは

変形性膝関節症の原因のひとつといわれています。ひざ関節痛が変形性膝関節症による人は姿勢が猫背で、O脚、そして足首が内反していることが多いようで、この内反とは内股のような状態を想像していただくとわかりやすいでしょう。ひざ関節痛は、軟骨が変形したり、磨耗することによる関節の痛みや腫れだといわれていて、特に多い症状が変形性膝関節症です。変形性膝関節症の特徴としては平均は比率が4倍多い。膝が腫れてくるひざ関節痛の人は猫背でO脚、そして足首が内反していることが原因なのですが、男性でO脚で内股で歩いている人は見かけることが少なく、どちらかというとほうがO脚や内股で歩いている人が多いと思われるので、このような女性に姿勢が影響しているとも考えられます。

ひざ関節痛と猫背

原因の一つが猫背とうことですが、なぜ猫背がひざ関節痛に原因になると思いますか。姿勢が猫背になっているということは、その影響で曲がった状態にあるのではないかと推測でき、足を運ぶ時も姿勢が曲がった状態、すなわち屈曲状態にあるということは、特定の部分に負担がかかっているということです。O脚が原因のひとつになっていますが、O脚の人がすぐに関節痛になるわけではなく、5年や10年といった長期間にわたって猫背、O脚、足首の内反などカラダに負担がかかる姿勢がで過ごしてきたことが原因で、その5年や10年という期間は、ひざ関節を正しく使ってこなかった影響でひざ関節痛になると解釈したほうがいいでしょう。原因の一つの猫背ですが、猫背の姿勢の場合膝が曲がったまま歩いていることになります。

ひざ関節痛と姿勢

ひざ関節痛を防ぐには、関節が連動してスムーズに動くことが重要で、歩くという動作で考えると、正しい歩き方とは、歩き方をすることがポイントです。ひざ関節痛の人、あるいは予備軍は、正しい歩き方ができていないため、筋肉とうまく連動がでなくなって、節々にひずみが生じさせているのです。ためにムリをして、ヒールの高い靴を選んで長期間にわたって履き続けると、歳をとってからひざ関節痛で歩行が困難にしれません。ひざ関節痛を防ぐには正しい姿勢で歩いていればよいのですが、高いヒールを履いている女性の多くが、正しい歩き方ができなくなってきており、正しい姿勢で歩くように意識していれば、ヒールの高い靴を履くこと自体が悪いというわけではありません。ひざ関節痛になるのは、ヒールをこなすかが問題なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。